「空き家」問題、一番いいのは

空き家

 

今、全国的に問題となっている「空き家」。

家や土地といった不動産が宝物だったのも今は昔。

地方の実家や老朽化した家屋など、引き継ぐ人のいない「負動産」となってしまった家も多くあります。

 

空き家が増えるとどうして問題なのでしょう。

 

例えば。

誰も管理していない家の敷地から草や木が伸びてきたり。

植物が増えれば、様々な生物も住処にすることでしょう。

人工物も侵食されていけば、いずれ倒壊する危険もあります。

倒壊まで行かなくとも、良からぬことを考える人が現れるかもしれません。

南牧村での空き家放火事件も記憶に新しいですね。

何事もなかったとしても、空き家が増えれば景観も悪化します。

町の活気もなくなったように見えます。

でも所有者の協力がなければ再利用もできません。

所有者が分からなければ尚のこと何もできません。

最後は、自治体が多額の税金を投入して解体するしかなくなります。

 

空き家によってもたらされる様々な問題。

一体どうすればいいのでしょうか。

 

一番いい方法は間違いなくこれです。

 

 

 

そもそも空き家にしないこと。

 

 

 

それができれば苦労はしない」という声が聞こえてくるかもしれませんが、空き家にしないのが一番なのは事実です。

 

遺言、成年後見、民事信託などの制度の利用。

売却して、あるいは賃貸物件として活用して、住み替え。

いずれも、何かが起きてからではどうしようもありません。

何も起きていないうちからの対策が重要ですね。

 

「負動産」の押し付け合いにならないよう、まずは家族間での話し合ってみるのもいいでしょう。

もし遺言や後見などの制度をお考えなら、群馬県前橋市の行政書士みけねこ事務所がお手伝いいたします。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

維持が大変になった広い住宅で暮らす高齢世帯と、もっと広い住宅で暮らしたい子育て世代という住宅環境のズレも問題になっています。

営業を続けられなくなって閉めることにした店主と、新たにお店を始めようと燃えて物件を探している起業家、というのもあるでしょう。

「終活」に代表されるように、自分らしい生き方の実現が注目される現代。

一人ひとりが身の丈に合った暮らし方を実現できるようになるといいですね。

 

 

 

 

セミナー・講座参加者募集中

2018.03.16(金)デジタル終活セミナー in前橋

2018.04.05(木)〜 毎週木曜日 エンディングノート・遺言講座

 

 

★事務所マガジン、無料配布中!

無料事務所マガジンはじめました

 

★世間話から始められる! 各種終活メニュー、あります。

世間話相手、いたします

 

終活相談についてはこちら

 

終活出張講座についてはこちら

 

エンディングノート作成支援についてはこちら

 

★ブログの更新情報を最速で確認したいなら!

Facebookで最新情報をチェック

 

Twitterでも最新情報をチェック

 

事務所名行政書士 みけねこ事務所
代表行政書士萩原 洋一
所在地〒371-0124
群馬県前橋市勝沢町390番地1
電話027-212-0108
FAX027-202-0075
メールinfo@office-mikeneko.com
お問い合わせ】もご利用ください。
サイトURLhttps://office-mikeneko.com
電話受付時間9:00〜21:00
※業務で外出中のことも多いため、事務所へお越しの際は事前にご連絡ください。
定休日年末年始
(12/29〜1/3)
時間外対応事前にご連絡いただければ、時間外・定休日でも対応いたします。
お気軽にお問い合わせください。
取扱業務終活、遺言作成、任意後見、民事信託、尊厳死宣言、相続手続、農地手続、会社設立、古物商許可、自動車登録、車庫証明、回送運行許可、他各種許認可申請などの支援
※困ったときはお気軽にお問い合わせください。

この記事がお役に立てたら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください