みけねこ事務所3つの特徴 終活専門事務所として、人生設計を見据えてサポートします。できないことは、できないと言います。気軽に話しかけやすい若手行政書士がお話を伺います。

1) 終活専門事務所として、人生設計を見据えてサポートします。

単に手続のサポートをするだけでなく、お客様の今後の人生設計や事業計画を見据えて、最適なサービスを提供できるよう努めています。

特に終活分野では、エンディングノート作成や遺言書作成といった単体のサービスを提供するだけでは、お客様の終活のお役に立てていると言えません。

お客様の人生に寄り添い、目標のために本当に必要なご支援を、お客様の“かかりつけ”となって取り組ませていただきます。

 

2) できないことは、できないと言います。

お客様側からすれば、「できない」という言葉よりも「できます!」という言葉の方が聞きたいことでしょう。

絶対に「できない」とは言わない専門家は魅力的かもしれません。

ですが、誤って「できます」と伝えてしまった場合、お客様に多大なご迷惑をかける可能性があります。

当事務所では、お客様のことを第一に考え、本当にできないことはしっかりと「できません」とご説明させていただきます。

すぐに正確にお答えできない場合は、「わかりません」とお答えさせていただきます。

その上で、代わりの方法があればそれをお伝えし、当事務所の力不足であれば別の専門家をご紹介し、きちんとお調べした上で正確な情報を回答させていただきます。

 

3) 気軽に話しかけやすい若手行政書士がお話をお伺いします。

「専門家の事務所は入りにくい」という印象を一新すべく、日本一敷居の低い事務所を目指しています。

県内でも数少ない若手行政書士の代表が、お客様のお話に耳を傾けさせていただきます。

事務所にお越しいただけないお客様や、ご家族でお話を聞きたいお客様のために、ご自宅への出張も対応しています。

「相談」などと肩肘張らず、ちょっと困ったから・気になったから世間話をしに行く、とお気軽にご連絡ください。