終活を始める方、応援いたします!

終活、家族のためにも、自分のためにも、なんとなく始めたほうがいいみたいだけど、何から始めればいいか分からない。

若手終活行政書士が、皆様の疑問や不安をお伺いいたします。

もちろん、準備や手続のサポートもお任せください!

 

例えばこんなとき

頼れる家族・親族が身近にいない(おひとりさま)

身近に頼れる家族・親族がいない場合、“もしも”の時に対する不安は決して小さくないでしょう。今後も安心して自分らしく生活していただくために、行政書士 みけねこ事務所にできる...

詳しくはこちら

将来に漠然とした不安がある

終活を始めた方がいい気がするものの、果たして何から始めればいいのか分からない。今のままではいけないと思うものの、具体的に何が問題なのかは分からない。一人歩きしてい...

詳しくはこちら

家族になるべく負担をかけたくない

終活を始める方の多くは、「家族の負担を減らすため」「家族に迷惑をかけないため」という理由をお持ちのようです。確かに、終活を全くしなかった場合、ご家族には様々な負担がかかる...

詳しくはこちら

介護してくれた息子の妻に財産を譲りたい

「長男の嫁には世話になったから、いくらか残してやりたい」「かわいい孫に財産を譲りたい」相続について考える時、こうした希望を持つ方も多いでしょう。ですが、実...

詳しくはこちら

認知症になってしまった時に備えたい

今や国民病とも呼べるほど患者数が増加している認知症。行政書士 みけねこ事務所代表・萩原の祖母も晩年は重い認知症になっており、治療の方針などで親族が大変に悩んでいたことを覚...

詳しくはこちら

苦しいだけの延命治療はやめて欲しい

「延命治療はやめて欲しい」という希望を聞く機会が増えてきました。せっかくの意思は考えているだけでなく伝えなければ意味がありませんが、口で伝えるだけでは実現できない可能性が...

詳しくはこちら

前妻との間の子供と揉めたくない

終活を始める方の多くは、「家族の負担を減らすため」「家族に迷惑をかけないため」という理由をお持ちのようです。特に離婚を経験されている男性の場合、現在のご家族と、前の奥様と...

詳しくはこちら

自分に何かあったらペットの今後が心配

ペットのための終活

  いつもの生活に潤いを与えてくれる大切なパートナーとして、家族同様にペットを愛する方も多いでしょう。ですが、「もし自分に何かあったら、この子はど...

詳しくはこちら

一人で悩まずお電話ください。027-212-0108受付時間 9:00-21:00 [ 土日祝も受付 ]

お問い合わせ